NFTとは|仕組み・活用例を徹底紹介

NFT

NFTって最近よく聞くけどどんなものなんだろう?

NFTの買い方がわからない……

本記事では、こういった疑問や悩みを持つ人に向けた記事となっています。

NFTとは、ブロックチェーン技術を活用したデジタルデータのことです。

2021年ごろからブームとなり、1つのNFTに億単位の価値がついているものもあるほどです。

本記事では、NFTの特徴や売買方法、国内のNFTマーケットプレイス、NFTの将来性などNFTに関するあらゆることを徹底解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • NFT(Non Fungible Token)とは、ブロックチェーン技術を応用したデジタルデータ
  • 誰でも作成・販売可能で、唯一のものと証明できる
  • デメリットは法整備が不十分であり、手数料が高い
  • 国内のNFTマーケットプレイスはCoincheck・miime・FiNANCiEなどがある
  • NFTは作成や販売、転売をして利益を狙える
  • 市場の拡大や著名人・大手企業の参入などがNFTの将来性の鍵になる
  • NFTの購入するなら仮想通貨取引所の口座開設が必須
  • CoincheckではNFTの購入に必要なイーサリアムが取り扱われている
  1. NFTとは
  2. NFTのメリット
    1. データの唯一性を担保できる
    2. 誰でもNFTを作成・販売できる
    3. 二次流通時にも手数料を得ることができる
    4. 紛失する心配がない
  3. NFTのデメリット
    1. 法整備が万全でない
    2. 手数料が高い
    3. 著作権の所有者が異なる
  4. NFTが活用される例
    1. ゲーム
    2. 絵画
    3. 音楽
  5. NFTの買い方
    1. 仮想通貨取引所で口座開設する
    2. 仮想通貨ウォレットを作成する
    3. 仮想通貨取引所から仮想通貨ウォレットに送金する
    4. 仮想通貨ウォレットとNFTマーケットプレイスを接続する
    5. NFTを購入する
  6. NFTの売り方
    1. 自分のオリジナル作品を準備する
    2. NFTマーケットプレイスでMint(ミント)してNFTにする
    3. 必要情報を入力し販売完了
  7. 国内のNFTマーケットプレイス
    1. Coincheck(コインチェック)
    2. miime(ミーム)
    3. FiNANCiE(フィナンシェ)
  8. NFTで利益を出す方法
    1. NFTを転売する
    2. NFTを作成・販売する
    3. NFT関連の暗号資産を取引する
    4. 価格変動によってNFTの価値が下がることがある
  9. NFTの将来性
    1. NFT市場の拡大
    2. NFTが普遍的に利用される
    3. 有名人・大企業の参入
  10. NFTに関連する用語
    1. ブロックチェーン
    2. メタバース
    3. NFTマーケットプレイス
    4. スマートコントラクト
    5. ミント(Mint)
  11. NFTに関するQ&A
    1. NFTとブロックチェーンの違いは何ですか?
    2. NFTはいくらから購入できますか?
    3. NFTは儲かりますか?
    4. NFTの最大の魅力は何ですか?
  12. 【まとめ】NFTについて

NFTとは

NFTとは

NFTとは、Non Fungible Toeknの略称であり、代替不可能なトークンを指します。

仮想通貨にも使われているブロックチェーン技術を応用しているため、コピーの作成が不可能であり唯一無二+所有権の証明ができます。

今までのデジタルデータなら、コピーやデータの改ざんを容易にできてしまうため、資産価値をもつことはありませんでした。

しかし、NFTは代替不可能であるため希少価値をもち、今までのデジタルデータではあり得ないような価格での売買が行われています。

次にNFTの持つ特徴について見ていきます!

NFTのメリット

NFTのメリット

NFTの持つメリットには以下の4つが挙げられます。

  • データの唯一性を担保できる
  • 誰でもNFTを作成・販売できる
  • 二次流通時にも手数料を得ることができる
  • 紛失する心配がない

それぞれ具体的に解説していきます。

データの唯一性を担保できる

NFTが希少価値を持つようになった理由の一つに、データの唯一性が担保できる点が挙げられます。

これは、先ほども話の中で出たブロックチェーン技術を活用しているためです。

ブロックチェーンとは?

複数のネットワーク参加者が分散して取引データの共有・管理を行うことでデータの不正利用・改ざんを防ぐ仕組み

一定数の取引データが一つのブロックに記録され、時系列順でチェーン状に並べられている

ブロックチェーン上には、NFTの作成者や取引記録、現在の所有者などさまざまな情報が記録されています。

これにより、NF Tは唯一無二のものと証明でき、希少価値が生まれるようになりました。

誰でもNFTを作成・販売できる

NFTをよく知らない人からすると、NFTの作成や販売は難しいものと思うかもしれません。

しかし、方法さえわかってしまえば、NFTの作成・販売は誰でも簡単にできます

詳しくは後ほど解説していますが、簡単な登録や設定などを行いデジタルデータをアップするだけで、費用をほとんどかけずにNFTの作成・販売が可能です。

二次流通時にも手数料を得ることができる

NFTの持つ大きな特徴に、二次流通時にクリエイター側に手数料が入る点があります。

今までのアート作品であれば、クリエイターは初めに売れた価格のみを収益としていました。

仮に、その後に転売など二次流通があったとしても、クリエイター側への利益は全くありません。

しかし、NFT作品は二次流通でその作品が売れた場合、一定割合の手数料が利益として得られます

これをロイヤリティーと言います。

海外のNFTマーケットプレイスであるOpenseaでは、0.1%~10%の手数料をクリエイター自身が設定できます。

紛失する心配がない

NFTは紛失するリスクがない点もメリットとして挙げられます。

直筆のサイン入りカードや絵画であれば、折れてしまったり失くしてしまったりなど様々なリスクがあります。

しかし、NFTはネット上に存在するデジタルデータであるため、そういったリスクを心配する必要は基本的にありません。

ただし、盗難のリスクはあるため、管理を徹底して行わなければなりません!

NFTのデメリット

NFTのデメリット

反対にNFTにはどういったデメリットがあるのでしょうか。

NFTの持つデメリットは以下の3つです。

  • 法整備が万全でない
  • 手数料が高い
  • 著作権の所有者が異なる

法整備が万全でない

1つ目は法整備が万全でない点です。

NFTは、仮想通貨とともにここ数年で急激に発展してきた、非常に歴史の浅い市場であるため、法整備が整っていません。

一部の弁護士によると、NFTは有体物(実際に存在する物)ではないため、所有権が認められないとされています。

また、NFTの取引には税金が発生しますが、NFTに関する明確なルールは発表されていないため、税金計算がかなり複雑です。

今後の進展をしっかりチェックした方が良いですね!

手数料が高い

NFTの取引には、ガス代と呼ばれる手数料が発生します。

先ほどNFTのクリエイターが手数料を設定できるとお話ししましたが、ガス代はネットワークの混雑状況によっても変化します。

ブロックチェーンの中でも特に、イーサリアムチェーンはガス代の高騰が問題となっており、高い時にはガス代だけで数万円以上したこともありました。

著作権の所有者が異なる

最後に挙げるデメリットが著作権の所有者が異なる点です。

NFTとしてアップロードするデジタルデータはオリジナルなものでなくてはなりません。

仮にネット上にある第三者の作品を無断でアップロードしNFT化してしまうと、著作権の侵害にあたります。

OpenSeaでは、NFTのコピー作品が作成されるのを防止するシステムが導入されています。

NFTは簡単に作成・販売できるというメリットが裏目に出て度々問題になっています。

NFTが活用される例

NFTが活用される例

NFTは様々なものに活用されていますが、今回は以下の3つを紹介していきます。

  • ゲーム
  • 絵画
  • 音楽

ゲーム

1つ目はゲームです。

NFT要素を兼ね備えたゲームはGameFi(Game Financeの略称)やBCG(ブロックチェーンゲーム)と呼ばれています。

ゲーム内で敵を倒して仮想通貨を稼げたり、アイテムやカードがNFT化されているため自由に売買できます。

国内でもCRYPTO SPELLSやPROJECT XENOなどNFTを活用したゲームが徐々に増えてきています。

絵画

絵画

絵画にNFT要素が加わったものはNFTアートと呼ばれており、実際の絵画に匹敵するレベルでの値段で取引が行われています。

従来のデジタルデータにはない、”唯一無二”という点に注目したコレクターや投資家などが毎日多くのNFTアートを取引しています。

上の画像は有名デジタルアーティストであるBeeple氏の作品で75億円で落札されています!

音楽

3つ目は音楽です。

昔はCDで音楽を聴くのが一般的でしたが、iPodやiPhoneの登場によって、売上が激減してしまいました。

そこで、音楽にNFT要素を加えることで、希少性が生まれ新たなマネタイズポイントを作れる可能性があるとして、次々と音楽NFTが登場しています。

有名ミュージシャンである小室哲哉氏も「Hills Roppongi」という音源をNFTとして出品しています。

NFTの買い方

NFTの買い方

ここでは、NFTの買い方を解説していきます。

買い方は全部で以下のSTEPです。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設する
  2. 仮想通貨ウォレットを作成する
  3. 仮想通貨取引所から仮想通貨ウォレットに送金する
  4. 仮想通貨ウォレットとNFTマーケットプレイスを接続する
  5. NFTを購入する

それぞれ詳しく見ていきます。

仮想通貨取引所で口座開設する

初めに仮想通貨取引所の口座開設を行います。

仮想通貨取引所の口座開設は基本的に以下の手順で行えます。

  1. メールアドレス+パスワードの登録
  2. 基本情報の入力
  3. 本人確認書類の提出(マイナンバカードや運転免許証など)

国内取引所のCoincheckなら、NFTの購入に必要なイーサリアムが取り扱われている点に加え、独自のNFTマーケットプレイスもあります。

他にもCoincheckは以下のような特徴を持ちます。

  • 国内での仮想通貨取引アプリDL数NO.1
  • 取扱銘柄数が国内No.1
  • 500円から仮想通貨を買える

仮想通貨ウォレットを作成する

次に仮想通貨ウォレットを作成します。

仮想通貨ウォレットはNFTの購入の際に必要になります。

中でもMetaMaskは人気が高く、世界中で最も多くの人に利用されている仮想通貨ウォレットです。

MetaMaskウォレットの作成方法は以下の手順で行えます。

  1. MetaMaskをダウンロード
  2. パスワードの設定
  3. シークレットリカバリーフレーズの確認

この中で特に重要なものがシークレットリカバリーフレーズです。

シークレットリカバリーフレーズとは?

12個の単語からなる単語の羅列であり、ウォレットの復元を行う時に必要になる。

これを万が一他の人に教えてしまうと、ウォレット内の仮想通貨が盗まれてしまうリスクがあります。

決して他人に教えず、忘れないようにメモして大事なところで保管しておきましょう!

仮想通貨取引所から仮想通貨ウォレットに送金する

続いて、取引所から仮想通貨ウォレットにNFTの購入に必要な仮想通貨を送金します。

送金はウォレットアドレスを送金元に貼り付けて行うことができます。

MetaMaskとCoincheckを例に見てみましょう!

MetaMaskウォレットのアドレスは下記の画像の矢印部分に表示されています。

このアドレスをコピーし、送金元に貼り付けます。

MetaMaskウォレットのアドレス

Coinckeckの場合、下記の画像の「送金先」にウォレットアドレスを貼り付け、他の部分を入力すれば送金が完了します。

coincheck

仮想通貨ウォレットとNFTマーケットプレイスを接続する

仮想通貨ウォレットとNFTマーケットプレイスを接続します。

NFTマーケットプレイスはNFTの売買を行う場所のことです!

海外の最大手NFTマーケットプレイスであるOpenSeaであれば、以下の手順でかんたんに接続ができます。

  1. ウォレットマークをクリックし、MetaMaskを選択する
  2. MetaMaskのパスワードを入力する
  3. 接続完了

下記の画像の矢印部分にあるウォレットマークからMetaMaskを選択します↓

MetaMaskで設定したパスワードを入力すれば、接続が完了です。

opensea

NFTを購入する

最後にNFTを実際に購入します。

OpenSeaであれば、画面右上の「Explore」をクリックし、購入したいNFTを探していきます。

NFTを購入する

購入したいNFTが見つかったら、「Add to cart」をクリックします↓

Add to cart

画面右上のカートマークから「Complete purchase」をクリックすれば、購入が完了となります。

Complete purchase

NFTの売り方もあわせてみていきましょう!

NFTの売り方

NFTの売り方

ここでは、NFTの売る手順を解説していきます。

具体的には以下の手順でNFTを売ることができます。

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. イーサリアムの購入
  3. 仮想通貨ウォレットの作成
  4. 仮想通貨取引所→ウォレットにイーサリアムを送金
  5. ウォレットとNFTマーケットプレイスを接続
  6. 自分のオリジナル作品を準備する
  7. NFTマーケットプレイスでMintしてNFTにする
  8. 必要情報を入力し販売完了

①〜⑤は買い方の部分と同じですので、省略して⑥から解説していきます。

Coincheckの口座開設がまだできていない人は下記のボタンから5分かからずにできます!

自分のオリジナル作品を準備する

まずはNFTにしたいデジタルデータを準備しましょう。

注意点として、準備するものは必ずオリジナルなものでなくてはなりません。

これは誰かの作品を勝手にNFT化してしまうと、著作権の侵害にあたってしまうためです!

NFTマーケットプレイスでMint(ミント)してNFTにする

オリジナル作品の準備ができたら、Mint(ミント)してNFTにします。

MInt(ミント)とは?

新しくNFTを作成・発行すること

NFTのMintはアイコンマークから「Create」をクリックして行えます↓

NFTマーケットプレイスでMint(ミント)してNFTにする

Mintする作品をアップロードし、作品名など必要情報を入力します。

NFTに作品と作品名の入力さえすれば、MintしてNFTを作成できます!

最後に、一番下にある「Create」をクリックすればMintの完了です。

最後に、一番下にある「Create」をクリックすればMintの完了です。

必要情報を入力し販売完了

先ほどMintしたNFTを販売していきます。

アイコンマークから「My Collections」をクリックすると、先ほどMintしたNFTが表示されます。

アイコンマークから「My Collections」をクリック

販売したいNFTをクリックし、画面右上の「Sell」をクリックします。

最後に「Complete Listing」をクリックして、NFTの販売が完了です。

固定価格やオークションなど販売形式を選択できます。

最後に「Complete Listing」をクリックして、NFTの販売が完了です。

国内のNFTマーケットプレイス

国内のNFTマーケットプレイス

ここでは、国内のNFTマーケットプレイスを3つ紹介します。

  • Coincheck(コインチェック)
  • miime(ミーム)
  • FiNANCiE(フィナンシェ)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

1つ目がCoincehck(コインチェック)です。

Coincheckは仮想通貨取引所として広く認知されていますが、Coincheck NFT(β版)にてNFTの取引ができます。

Coincheck NFT(β版)はオフチェーン型のNFTマーケットプレイスであるため、ガス代をかけずにNFTの出品・購入ができます。

オフチェーンとは、ブロックチェーン外で取引処理を行うことです!

miime(ミーム)

miime(ミーム)

2つ目はmiime(ミーム)です。

miimeは日本発のNFTマーケットプレイスであり、日本のNFTゲーム内アイテムを中心に取り扱っています。

日本語対応している点に加え、日本円での決済が可能な点やOpenSeaで取り扱われているNFTをmiimeで取引できる点がメリットに挙げられます。

デメリットとしては、手数料が10%と他のNFTマーケットプレイスに比べ、かなり高めである点が挙げられます。

miime(ミーム)は2022年12月時点でサービスが停止しているので注意しましょう。

FiNANCiE(フィナンシェ)

FiNANCiE(フィナンシェ)

最後に紹介するのがFiNANCiE(フィナンシェ)です。

FiNANCiEは、ブロックチェーン技術を活用したクラウドファンディングサービスです。

さまざまなプロジェクトがFiNANCiEでNFTの発行・販売を行い、サポーターを募集します。

サイト内では、以下の画像のようにNFTとその保有者を確認することができます↓

フィナンシェnft

NFTで利益を出す方法

NFTで利益を出す方法は以下の4つです。

  • NFTを転売する
  • NFTを作成・販売する
  • NFT関連の暗号資産を取引する
  • 価格変動によってNFTの価値が下がることがある

それぞれ具体的に解説します。

NFTを転売する

NFTを安く仕入れて、高く売るという転売で大きな利益を上げている人が多くいます。

また、初めのうちは転売目的でなくても、買値の何倍にもなったために売るというパターンもあります。

注目プロジェクトのNFTは販売してすぐに完売し、その後の二次流通で高値で取引されていることがよく見られます。

無料でゲットしたNFTが数十万円で売れるなんてこともあります!

NFTを作成・販売する

NFTを自ら作成・販売して利益を得るのも一つの手です。

上述したように、NFTは比較的かんたんに作れるため、大人だけでなく子供が作成したNFTも数多くあります

実際に、今まで無名だった漫画家やイラストレーターが、自分の作品をNFTとして販売したところ、今までなら考えられないほどの利益を得られたということも少なくありません。

NFT関連の暗号資産を取引する

3つ目はNFT関連の銘柄で利益を出す方法です。

転売と同様に、安く買って高く売ることで利益を得られます。

時価総額2位のイーサリアムはNFTの売買で取引される銘柄であり、他の銘柄に比べて価格が安定しているため、比較的リスクの低い銘柄と言えます。

2021年では、NFTのブームとともにイーサリアムの価格が高騰し、過去最高値の約54万円を記録しましたが、2022年12月時点では約18万円ほどにまで下落しています。

こういった下落している時が買いのタイミングになります!

価格変動によってNFTの価値が下がることがある

NFTの売買は基本的に仮想通貨で行われているため、仮想通貨の価格とともにNFTの価格も変動します。

先ほどもお話ししたように、2022年12月時点ののイーサリアムの価格は前年に比べ、半値以下となっています。

これによって、NFTの価値も大幅に下がってしまい、損失を抱えてしまった人がTwitterなどで見られました。

NFTの将来性

NFTの将来性

NFTには果たして将来性があるのでしょうか。

NFTの将来性に関わるであろうポイントは以下の3つです。

  • NFT市場の拡大
  • NFTが普遍的に利用される
  • 有名人・大企業の参入

具体的に解説していきます。

NFT市場の拡大

1つ目はNFT市場の拡大です。

NFTはここ数年で急成長してきた市場ではありますが、一般の人からの認知度はまだまだ低いというのが現状です。

「仮想通貨の冬」と言われた2022年ではありますが、国内でのNFT保有者が増えているように、NFT市場が拡大することでNFTの将来が明るくなると言えます。

NFTが普遍的に利用される

2つ目はNFTが普遍的に利用されることです。

現状として、NFTはコレクションとして保有されたり、ゲーム内アイテムとして利用されるなど日常では見えない部分での利用がほとんどです。

しかし、NFTがチケットや会員証など日常の一部に応用されることで、NFTに対する世間の認知度や価値が上がることが予想できます。

有名人・大企業の参入

著名人や大企業の参入もNFT市場の将来性に大きく関わってくるでしょう。

実際に、海外で言うと高級ブランドのGucciやNIKE、国内では楽天やLINEなど誰もが知っているような大企業がNFT市場に参入しています。

また、有名人には、女優の広瀬すずや3人組アイドルのPerfumeなどがNFT化されています。

こういったNFT市場への有名人・大企業の参入はNFTを知らない層やファンからの関心を集め、NFTの将来性に直結してきます。

NFTに関連する用語

NFTに関連する用語

NFTに関連するものとして覚えておくべき用語は以下の5つです。

  • ブロックチェーン
  • メタバース
  • NFTマーケットプレイス
  • スマートコントラクト
  • ミント(Mint)

それぞれわかりやすく解説していきます。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは日本語で「分散型台帳」と言われ、NFTの根幹になっている技術です。

ブロックチェーンとは、ネットワークの参加者が分散して取引の記録・管理を行う仕組みを指します。

これにより、取引データの不正利用・改ざんを防ぐことができます。

取引データがブロックに記録され、各ブロックがチェーン状に並べられていることから”ブロックチェーン”と呼ばれています。

メタバース

メタバースとは、三次元の仮想空間を指し、自分のアバターを操作して自由に探索することができます。

また、メタバースでは音楽ライブや土地の所有、商品の販売など現実世界に近いことができます。

メタバースはここ1~2年で生まれたものでなく、Minecraftやどうぶつの森などのゲームや2021年公開の「竜とそばかすの姫」など様々な部分で表現されています。

「超越する」と言う意味を持つ”メタ”と「ユニバース」の”バース”を合体した造語がメタバースです!

NFTマーケットプレイス

NFTマーケットプレイスとは、NFTを作成したり、売買を行うプラットフォームを指します。

海外の最大手であるOpenSeaでは、2022年1月に1日で300億円もの取引高が記録されました。

NFTマーケットプレイスで出品できるNFTはアート作品だけでなく、音楽やトレーディングカードなどもあります。

そのため、イラストレーターやアーティスト、投資家など多種多様な人材が参入してきています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとはブロックチェーン上の概念であり、事前に決められたルールによって、自動的に契約や取引が行われる仕組みを指します。

NFTにおける発行者や所有者の情報、取引履歴などは全てスマートコントラクトによって自動的に記録されています。

このように、スマートコントラクトを利用することで、手数料や人件費の削減、高い透明性の確保などが可能となります。

ミント(Mint)

ミント(Mint)とは、NFTを新たに作成・発行することです。

デジタルデータをMintをすることで、NFTとなり全ての取引データがブロックチェーン上に記録され始めます。

Mintは英語の”Minting=鋳造する”が語源になっています。

NFTに関するQ&A

NFTに関するQ&A

最後に、NFTに関する質問を4つにまとめてみましたのでぜひご参考にしてください。

NFTとブロックチェーンの違いは何ですか?

ブロックチェーンとはデータベースの一種であり、ネットワークの参加者が分散して取引データの共有・管理を行う仕組みを指します。

NFTは非代替性トークンと呼ばれ、希少性があり所有権の証明を行える点が特徴的です。

NFTが上記の特徴を持つのはブロックチェーン技術を応用したものであるためです。

NFTはデジタルデータ、ブロックチェーンはデータベースの一種と覚えておきましょう!

NFTはいくらから購入できますか?

NFTはフリーミントと言って安いものは無料で手に入れることができます

ただし、有名プロジェクトやクリエイターが手がけるNFTになると最低でも数千円〜数万円かかります。

注意点としてはいくら価格の低いNFTでも、ガス代(取引手数料)は別にかかります。

そのため、NFTを購入する際は少し多めに仮想通貨を購入しておく必要があります。

NFTは儲かりますか?

ジャンルによってNFTで得られる利益は様々です。

例えば、NFTアートはクオリティはもちろんのこと、多くの人に注目されない限り収益は出ません。

一方で流行中のNFTゲームであれば、一日に数千円〜数万円の利益を得ることもできます。

NFTの最大の魅力は何ですか?

NFTの持つ最大の魅力はデジタルデータでありながら、唯一無二+所有権の証明ができる点でしょう。

今までならデジタルデータのコピーは容易に行えてしまい、価値が出ることはありませんでした。

しかし、NFTではブロックチェーン技術を応用しているため、偽造不可であり所有権の証明ができます。

これにより、NFTには今までにない希少価値が生まれ、高額での取引が行われるようになりました。

【まとめ】NFTについて

【まとめ】NFTについて

今回はNFTの特徴や売買方法、将来性などを解説しました。

NFTはここ数年で急成長を遂げましたがが、それでもまだ発展途上な市場であります。

実際に誰もが知る大手企業が続々とNFT市場に参入し、NFTを活用したプロジェクトを進行させています。

時代の波に遅れないためにも、NFTについて詳しくなっておくことは大切なことなのではないでしょうか。

また、NFTを購入するなら仮想通貨の口座開設が必要です。

CoincheckならNFTの購入に必要なイーサリアムが取り扱われており、独自のNFTマーケットプレイスもあります。

NFTの取引を始めるならピッタリですね!

タイトルとURLをコピーしました