仮想通貨(暗号資産)ノットコイン(NOT)の特徴

仮想通貨の種類や特徴

仮想通貨(暗号資産)ノットコイン(NOT)の特徴

仮想通貨(暗号資産)分野のゲームは、ヒットしたものに、「Axie Infinity」や「STEPN」、「The Sandbox」が挙げられます。

それぞれに特徴があり、人気を博しましたが、今後注目されそうなゲームがあります。

それが、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」を仕組みを利用した「ノットコイン(NOT)」です。

今回は、この「ノットコイン(NOT)」について解説していきたいと思います。

ノットコイン(NOT)のアウトライン

発行上限約1030億枚
特徴Tap-to-Earnを利用したゲーム
発行開始2024年4月

ノットコイン(NOT)は、「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」という仕組みを使ったTelegram上で構築されたバイラルゲームです。

NOTトークンはTONブロックチェーンで作られています。

このゲームの目的は、多くのTelegramユーザーをWeb3.0の世界に引き込むことですが、すでにリリースから数千万人以上の利用者がいて注目を集めています。

ノットコイン(NOT)の特徴

ノットコイン(NOT)の特徴を挙げていきます。

Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)

ノットコイン(NOT)は、タップすることでNOTトークンを獲得できる「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」のゲームです。

画面に表示されるNotcoinのアイコンをタップすることで、新しいトークンをマイニング出来ます。

最初は1タップあたり1Notcoinしか獲得出来ませんが、ゲーム内のブースト機能を使うことで獲得効率が上がってきます。

マイニングの他にも特定のNFTを保有したり、Toncoinのエコシステムを利用したりするとNOTトークンを獲得することが可能です。

ゲームとしては単純ですが、暇な時にタップし続けることでマイニングが出来るので、意外と熱中してしまうようです。

拡散のための戦略

Notcoinでは、ホワイトペーパーや公式のWebサイトは存在しません。

ですが、多くのユーザーの獲得に成功しています。

その理由は、運営側による拡散のための戦略が成功しているからです。

既存のPlay to Earnゲームでは、ゲームを始める段階で初期投資が必要なことがほとんどで、ハードルがありました。

ノットコイン(NOT)では、Telegramユーザーが初期投資不要でプレイが可能で、さらにユーザーの知り合いを紹介した場合に報酬がもらえるシステムを作っています。

主にこれだけの戦略だけで爆発的にユーザー数が伸びていきました。

ノットコイン(NOT)の今後

ノットコイン(NOT)の将来性について挙げておきたいと思います。

潜在Telegramユーザーが多い

Telegramの月間アクティブユーザー数は、実に9億人を超えると言われています。

Telegramには、このように膨大な数のユーザーが存在しているため、今後Notcoinのユーザー規模もさらに拡大していく可能性があります。

「Tap-to-Earn(タップして稼ぐ)」の単純なシステムを導入し、TelegramユーザーをWeb3.0の世界に取り込むことを意識しています。

ハイパーカジュアルゲームの奥深さ

Notcoinはタップするだけという、至極単純なゲームです。

ゲームと呼ぶには抵抗があるかも知れませんが、その単純さゆえに、誰にでも簡単に取り組めるという中毒性があります。

複雑なゲームもやりごたえがありますが、ちょっとした空き時間に取り組めるというハイパーカジュアルゲームという分野でも仮想通貨(暗号資産)の広がりを期待させています。

タイトルとURLをコピーしました